結婚祝いのお返しの相場

結婚祝いにはまずお礼

Google

結婚のタイミングの情報

HOME | SITEMAP

トップ » 結婚祝いのお返しの相場

新着情報

結婚内祝いのお礼状について

結婚内祝いを頂いた場合のお礼状は、何よりもまず早く出す事が肝心です。本来は披露宴へのご招待がお返しですが、それとは別にお礼状を自筆で書きます。まず、お祝いを頂いたお礼と感謝の気持ちを述べます。また自分だけでなく結婚相手も一緒に喜んでいる事を伝えましょう。あなたの新しい伴侶への印象がグンと良くなります。頂いたお祝いが新生活の役に立っている事を具体的に伝えます。これからもどうぞ宜しくお付き合い下さい、というお願いを最後に入れます。近くにお出かけの際はお立ち寄り下さい、と書き添えれば、もっと良く気持ちが伝わります。

お祝いを品物で頂いた時の内祝い

披露宴に出席していない人から結婚のお祝い金を頂いた時に、滞りなく式をすることができた報告とともにお返しを贈るのが内祝いです。披露宴の後1ヶ月以内にするのがマナーとされています。お祝い金を頂いたときはその金額の三分の一から半額程度の品物を選んで、お礼状を添えてお返しをするのが通例です。では結婚のお祝いにお金ではなく物品を頂いたときはどうすればいいでしょうか。お金ではなくてもお祝いを頂いたのならお礼は必要です。ブランドや型番でいくらくらいの金額かはインターネットでも調べることができますので、お金に換算してお返ししましょう。